定年延長に伴う退職給付会計への影響

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定年延長に伴う退職給付会計への影響

公開日:2020年7月8日


これまでのコラムでは定年延長時の検討事項をいろいろと紹介してきました。定年延長を検討する場合、多くの企業では給与等の人件費への影響に関する関心が高く、シミュレーションなども行いますが、退職給付については後回しということも多いのかと思います。

しかしながら、人件費の一角を占める退職給付会計については思わぬところで影響が出てしまう事が多く、なかなか見過ごせるものではありません。今回は定年延長が退職給付会計に与える影響を掘り下げていきたいと思います。

これまでのコラムと同様読みやすさを考慮し、延長前の定年年齢(旧定年)を60歳、延長後の定年年齢(新定年)を65歳としたいと思います。


関連サービスはこちら

定年延長シミュレーションサービス

■ 定年延長シミュレーションサービス

定年延長や人件費の増加は特定のお客様の課題というわけではなく、あらゆるお客様に共通の課題となっています。
そこで、IICパートナーズが開発した、お客様から頂いたご意見やご要望を踏まえ、コンサルティングサービスよりも低コストでお客様に共通する課題を解決することができるソリューションサービスです。


※当コラムには、執筆した弊社コンサルタントの個人的見解も含まれております。あらかじめご了承ください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

コンサルタントがフルサポートいたします