人事制度が変わったら退職金はどうする?注目トピックをポイント解説!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人事制度が変わったら退職金はどうする?注目トピックをポイント解説!

公開日:2022年2月24日

 

昨今の経営環境の変化に対応するために、人事制度を見直す企業が増加しています。これに伴い、退職金制度の見直しを考えている企業も多いのではないでしょうか。
本コラムでは、人事制度変更の主な例として、「定年延長」、「賃金制度や等級制度の見直し」、「非正規社員の待遇改善」の3つのケースにおいて、退職金制度の設計例や、退職給付会計への影響を解説します。

 まとめ

本コラムでは、人事制度の変更により、退職金制度や退職給付会計に影響が生じる事例を挙げ、その影響を解説しました。退職金制度への影響を考慮せずに人事制度を変更したため、予想外の費用が発生し、業績を圧迫することになったというケースもあります。人事制度を変更する際には、退職給付債務の計算委託先に相談し、退職金制度への影響や、会計への影響が生じないか確認しましょう。

弊社は、人事制度の変更案に基づく、退職金制度に関する費用のシミュレーションや、会計への影響を踏まえた退職金制度の設計を強みとしています。人事制度の変更による、退職金制度への影響や、会計への影響について不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

 

 あわせて読みたい記事はこちら

※当コラムには、執筆した弊社コンサルタントの個人的見解も含まれております。あらかじめご了承ください。

西村イメージ この記事を書いた人

日本アクチュアリー会正会員 / 1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)
西村 仁志

大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻修了。
三井住友海上火災保険株式会社に入社。その後、2019年にIICパートナーズに入社し、退職給付債務計算・退職給付制度の設計等のコンサルティング業務を担当。

> 退職給付債務ご担当者様向けの記事をもっと見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

退職給付会計セミナー