退職給付制度変更時の会計上の検討事項

【検討編】制度変更時に必要な会計処理とは

資料のダウンロードは、こちらのフォームにて承ります。
必要事項を入力の上、入力内容確認のボタンをクリックすると、下記の資料がダウンロードいただけます。

すでにご登録済みの方は、ログインページよりログインいただき、ダウンロードをお願いします。

このような方にオススメの資料です

  • 退職金制度の変更を検討している、又は変更することになった
  • 退職金制度の廃止を検討している、又は廃止することになった
  • 計算機関に制度変更の計算を依頼することになった
原則法導入後の初回決算時の検討事項

退職給付会計には、毎期の決算業務における会計処理を定めた「通常の退職給付会計」と、退職給付制度を変更した際に必要となる会計処理を定めた「制度変更時の退職給付会計」があります。 この資料では、「制度変更時の退職給付会計」に焦点を当てて、具体的な会計処理や実務上の留意事項などについて解説していきます。

本資料の目次

  • 制度変更パターン別の会計処理
  • 過去勤務費用の会計処理
  • 退職給付制度の終了の会計処理
  • 期中で制度変更した場合の留意事項

ダウンロード
登録フォーム