会計士向けセミナー「退職給付債務(PBO)計算のウラ側と監査の対応事例」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会計士向けセミナー「退職給付債務(PBO)計算のウラ側と監査の対応事例」

セミナー情報詳細

  • 日時: 2022年3月10日(木)10時00分~3月14日(月)23時59分まで公開
        期間内はいつでも好きな時に視聴いただけます。(視聴時間:約1時間)
  • 会場: オンデマンド配信開催となります。
  • 費用: 参加費は無料ですが、オンラインのためデータ通信料はお客様のご負担となります。
  • 定員: なし
  • 対象: 監査業務の際に退職給付債務の監査に不安を感じている公認会計士の方
        会計アドバイザリーサービスを提供されている公認会計士の方

※   このセミナーは2021年6月に配信した内容と同様となります。
※ 配信最終日17時まで申込可能です。

 

※本セミナーの受付は終了しました。

 

開催にあたって

退職給付会計基準が改正されてから10年近く経ち、当時は退職給付会計に関する知識をインプットしたものの近年は収益認識に関する会計基準の改正をはじめ他の改正対応に注力しており「退職給付会計、特に退職給付債務の監査は実はちょっと心配」といったことはないでしょうか?

退職給付債務の計算を企業が計算ソフトを用いて行っている場合にはソフトの計算結果が外部の専門家(年金数理人)の検証した計算結果と乖離するケースも多く、監査上、論点になる場合も多くあり、計算ソフトの計算結果の妥当性を会計士の方だけで判断することは困難と考えられます。そのため、退職給付債務の計算を計算機関へ委託し、アクチュアリー署名付計算結果の提出を被監査会社へ依頼するケースも多いですが、どのような要領、プロセスで計算されているか”ウラ側”を知っている会計士の方は少ないと思われます。

本セミナーでは年金数理人の会計監査での役割をおさらいしつつ、退職給付債務計算のデモをお見せしながら、IICパートナーズの立場での監査対応事例を解説します。

セミナープログラム

ブラックボックスになりがちな退職給付債務の監査も安心!

  • PBO計算の”ルール”(根拠規定の関連性など紹介)
  • 会計監査での専門家の役割とは?
  • 計算過程を体験(計算ソフトを使用したデモンストレーション)
  • アクチュアリーならではの着眼点、監査対応事例
  • 自社計算の検証(監査補助)サービスのご紹介

 

※ 同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

※本セミナーの受付は終了しました。

 


講師紹介

大森 祥弘
(株式会社IICパートナーズ・事業推進部副部長)

全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)全国本部にて適格退職年金制度の移行、企業年金コンサルティング及び年金管理事務やシステム改定に従事した後、トヨタグループの管理部門を経て、IICパートナーズに入社。 JAグループへの公認会計士監査対応支援、国内金融機関への退職給付会計業務支援、運営管理機関へのDC運営管理業務支援などのアドバイザリー業務に従事。

講師:大森

大橋 祐太
(株式会社IICパートナーズ・コンサルタント・日本アクチュアリー会正会員)

東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻修了。 大手生命保険会社に入社し、確定給付企業年金の年金数理計算や退職給付債務計算に携わる。2020年にIICパートナーズに入社し、退職給付債務計算や退職金、年金制度のコンサルティングを担当。

講師:大橋

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

退職給付会計セミナー