年金資産運用の「Do」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年金資産運用の「Do」

公開日:2015年4月21日

Doのステップでは、Planのステップで定めた政策アセットミックス(資産構成割合)に合致するように、運用機関や運用商品を選定し、それらの組み合わせを定めていくことになります。

例えば、政策アセットミックスを

債券:30%
株式:30%
一般勘定:40%

と定めた場合、まず一般勘定についてはこれを取り扱っている生命保険会社に運用を委託することとなります。(最近は低金利による運用難で一般勘定の受け入れを制限していることも多いようですが・・・。)そして残りの60%について、債券と株式の割合が半々になるように各運用機関に運用委託することになります。

 

以下、比較的規模の小さい企業年金も含め広く採用されている生保一般勘定、生保特別勘定総合口、信託銀行のバランス型運用の3つについて、商品選択にあたっての基本的な事項についてお話します。

 

 

 

 

 

あわせて読みたい記事はこちら

> 年金資産運用のPDCAシリーズの記事をもっと見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

退職給付会計セミナー