生保一般勘定の予定利率見直しと年金運用について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生保一般勘定の予定利率見直しと年金運用について

公開日:2022年5月10日

 

2022年4月6日、日本生命は、2023年4月1日から、団体年金保険一般勘定の確定給付企業年金保険、厚生年金基金保険(H14)、新企業年金保険(H14)(以下、一般勘定)の予定利率を現行の1.25%から0.50%に引き下げることを発表しました。これに先立ち、第一生命が2021年10月1日より一般勘定の予定利率を従来の1.25%から0.25%に引き下げており、日本生命の予定利率引下げは、大手生命保険会社では2例目となります。

本コラムでは、まず一般勘定の予定利率見直しの背景を概観した後、見直しで先行した2社の内容について考えたいと思います。そのうえで、他社の動向並びに、年金資産運用において、予定利率見直し後の一般勘定への投資を行う際の一般的な留意点を述べたいと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

退職給付会計セミナー