数理計算上の差異の発生要因とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数理計算上の差異の発生要因とは

公開日:2015年5月26日

原則法で退職給付債務を計算する場合、計算基礎率という一定の前提を置いて計算を行います。しかし、これはあくまで予測値ですので、期末時点の実績値の間でズレが生じます。

これは、退職給付会計上は「数理計算上の差異」として処理されますが、単に「数理計算上の差異」と言っても、様々な要因から生じております。

今回のコラムでは若干(?)マニアックながらも、どのような個所から数理計算上の差異が生じているのか解説を行います。

 

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

退職給付会計セミナー