確定給付企業年金の積立剰余の活用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
確定給付企業年金の積立剰余の活用

公開日:2016年2月29日

ここ数年の好調な資産運用実績を背景に、確定給付企業年金(DB)制度において剰余金が積み上がってきているケースが多くなっています。

みずほ信託銀行の資料によれば、2015年3月末の財政決算において、集計対象とした総幹事のDBのうち98%が積立剰余(純資産額が責任準備金を上回っている)の状態であり、平均的な積立比率(純資産額/責任準備金)は125%と前年度から8%増となっています。

今回は、この積立剰余の活用方法について、いくつかの選択肢を示しながら解説します。

なお、ここでいう「積立剰余」は年金財政上の積立剰余、すなわちDB制度の積立金が責任準備金を上回っている部分を指しており、退職給付会計上の積立超過(年金資産が退職給付債務を上回る部分)とは別の概念であることに留意してください。

積立剰余の活用方法には大きく分けて目次の3つが考えられます。

 

以下、順に解説していきます。

 

 

 

※当コラムには、執筆した弊社コンサルタントの個人的見解も含まれております。あらかじめご了承ください。

> 確定給付企業年金関連の記事をもっと見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

退職給付会計セミナー