グループ企業のPBO計算体制を解説。計算委託先を統一することのメリットとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グループ企業のPBO計算体制を解説。計算委託先を統一することのメリットとは?

公開日:2021年11月12日

 

グループ企業の中には、退職給付債務の計算委託先を統一して、退職給付会計業務の効率化やコスト低減を実現している企業があります。退職給付債務の計算は企業年金の受託機関に退職給付会計の導入当初から委託しているケースが多いことや、企業ごとに退職給付制度が異なるという事情もあって、計算委託先を統一するという取り組みはあまりされていないのが現状ですが、統一することでスケールメリットが得られる可能性があります。本コラムでは、計算委託先の統一が進まない背景から、統一するメリットなどを解説します。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

受話器のイラストお電話でのお問い合わせ :

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報やオリジナルQ&Aなど、メールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォーム

退職給付会計に関する資料をダウンロード

退職給付債務のポイントをまとめた資料が、こちらでダウンロードできます。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

IICパートナーズへのご質問、お問い合わせはこちらより承ります。

問い合わせする

無料カウンセリング

退職給付会計について
緊急性の高いご相談も承ります

退職給付会計について「無料相談」を承っております。
初めてお問い合わせのお客様にも退職給付会計に詳しいコンサルタントが親切丁寧にご対応いたします。お気軽にご相談ください。

退職給付会計セミナー