退職給付会計の原則法導入にあたっての準備

【導入準備編】簡便法との違いと原則法導入に必要なこと

資料のダウンロードは、こちらのフォームにて承ります。
必要事項を入力の上、入力内容確認のボタンをクリックすると、下記の資料がダウンロードいただけます。

すでにご登録済みの方は、ログインページよりログインいただき、ダウンロードをお願いします。

このような方にオススメの資料です

  • 退職給付債務の計算が必要になった
  • 正社員が300名に到達する見込みがある
  • 300名以上を対象とした退職金制度を新設する予定がある
退職給付会計の原則法導入にあたっての準備

この資料では、原則法導入を検討している企業様向けに、簡便法と原則法の違いを説明したうえで、原則法導入にあたって準備する項目について説明しています。

本資料の目次

  • 簡便法と原則法の違い
  • 原則法による退職給付債務計算にあたって準備する項目

ダウンロード
登録フォーム