退職給付会計、企業年金・退職金について体系的に学べるライブラリー│ Pmas

サイト内検索

開示(原則法の場合)

2012年改正によって大幅に拡充されることとなった、注記開示項目に関して解説します。

注記開示項目(原則法)-1- 退職給付の会計処理基準、採用する退職給付制度の概要

原則法を採用している場合の注記開示項目について解説します。ここでは、退職給付の会計処理基準に関する事項、企業の採用する退職給付制度の概要について述べます。 解説を見る→

注記開示項目(原則法)-2- 退職給付債務,年金資産、「退職給付に係る負債(又は資産)」 に関する調整表

原則法を採用している場合の注記開示項目について解説します。ここでは、退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表、年金資産の期首残高と期末残高の調整表、「退職給付債務及び年金資産」とB/Sに計上された「退職給付に係る負債(又は資産)」 の調整表について述べます。 解説を見る→

注記開示項目(原則法)-3- 退職給付に関連する損益、その他の包括利益・B/Sのその他の包括利益累計額に計上された内容の内訳

原則法を採用している場合の注記開示項目について解説します。ここでは、退職給付に関連する損益、その他の包括利益に計上された数理計算上の差異及び過去勤務費用の内訳、B/Sのその他の包括利益累計額に計上された未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の内訳について述べます。 解説を見る→

注記開示項目(原則法)-4- 年金資産、数理計算上の計算基礎、その他

原則法を採用している場合の注記開示項目について解説します。ここでは、年金資産に関する事項、数理計算上の計算基礎に関する事項、その他の退職給付に関する事項について述べます。 解説を見る→