退職給付会計、企業年金・退職金について体系的に学べるライブラリー│ Pmas

サイト内検索

未認識項目(連単共通)

過去勤務費用、数理計算上の差異、会計基準変更時差異という3つの未認識項目について解説しています。

過去勤務費用の内容と償却方法

「退職給付水準の改訂等に起因して発生した退職給付債務の増加又は減少部分」である過去勤務費用について解説します。 解説を見る→

数理計算上の差異の内容と償却方法

「(1)年金資産の期待運用収益と実際の運用成果との差異、(2)退職給付債務の数理計算に用いた見積数値と実績との差異、(3)見積数値の変更等により発生した差異」である数理計算上の差異について解説します。 解説を見る→

会計基準変更時差異の内容と償却方法

「退職給付会計基準の適用初年度の期首における『退職給付会計基準における未積立退職給付債務』と『従来の会計基準により計上された退職給与引当金等』の差額」である会計基準変更時差異について解説します。 解説を見る→