サイト内検索

確定拠出年金法改正の一部施行に伴う整備等・経過措置に関する政省令案について

2017年9月22日厚生労働省より開始された、確定拠出年金法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令案、および同施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等に関する省令案についての意見募集(パブリックコメント)について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ Pmas編集部
掲載日:2017年10月10日

解説

厚生労働省は2017年9月22日、確定拠出年金法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令案、および同施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等に関する省令案についての意見募集(パブリックコメント)を開始しました。

今回の政省令案は、中小事業主による個人型確定拠出年金への掛金の納付制度に関する改正等、改正法の公布日から2年以内に施行されるとされていた内容に関するものです。

主な改正内容は以下のとおりです。

1.確定拠出年金(DC)に関する改正

  • 中小事業主掛金納付制度の実施要件等の規定
  • 中小事業主掛金の拠出方法の規定
  • 簡易企業型年金の創設に伴う実施要件等の規定
  • 指定運用方法に関する規定の整備
  • 運用の方法の選定及び提示に関する基準等の見直し
  • 他制度間ポータビリティの拡充に伴う所要の措置
  • DC間のポータビリティの拡充に伴う所要の措置

2.確定給付企業年金(DB)に関する改正

  • 中途脱退者の定義変更
  • 合併等に伴うDBから中退共への資産移換の基準の整備
  • 合併等に伴うDC又は中退共からDBへの資産移換の基準の整備

3.中小企業退職金共済(中退共)に関する改正

  • DB又は企業型DCから中退共への資産移換が行われた場合の掛金納付月数への通算方法等
  • 4.施行日前に移換された資産の運用関係の取扱い及び施行日前の指定運用方法の提示等に関する手続の準備に関する経過措置

    公布日は2017年11月、施行日は2018年5月1日とされています。

    意見募集は2017年10月21日までです。


    掲載日:2017年10月10日

    << 前のコラムを見る

    次のコラムを見る>>

    Facebook
    Google+