サイト内検索

マイナス利回り時の退職給付債務(DBO)等計算に関する実務対応報告

2017年3月29日企業会計基準委員会(ASBJ)より公表された、実務対応報告第34号「債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い」について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ Pmas編集部
掲載日:2017年4月20日

解説

企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年3月29日、実務対応報告第34号「債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い」を公表しました。

本実務対応報告は、退職給付債務(DBO)、勤務費用および利息費用の計算において、債券の利回りがマイナスとなる場合の割引率に関する当面の取扱いを示すことを目的としており、会計処理は以下のいずれかの方法によることとされています。

(1)利回りの下限としてゼロを利用する方法
(2)マイナスの利回りをそのまま利用する方法

本実務対応報告は、2017年3月31日に終了する事業年度から2018年3月30日に終了する事業年度に限って適用されます。

なお、2018年3月31日以後に終了する事業年度の取扱いに関しては、上記(1)と(2)のいずれかの方法によることを定めたガイダンスの公表に向けて、引き続き検討を行うとされていますが、当該検討の進捗状況によっては、本実務対応報告における取扱いの継続も検討するとされています。


掲載日:2017年4月20日

Facebook
Google+