サイト内検索

確定拠出年金法改正に伴う整備等・経過措置に関する政省令案について

厚生労働省は8月5日、確定拠出年金法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令案、および同施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等及び経過措置に関する省令案に関する意見募集(パブリックコメント)を開始しました。解説を見る→

IICパートナーズ Pmas編集部
掲載日:2016年9月6日

解説

厚生労働省は8月5日、確定拠出年金法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令案、および同施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等及び経過措置に関する省令案に関する意見募集(パブリックコメント)を開始しました。

今回の政省令案は、個人型確定拠出年金(個人型DC)の適用拡大等、平成29年1月1日に施行される内容に関するものです。


主な内容は以下のとおりです。

<政令案>

  • 定義規定の整理
  • 運営管理業務の委託要件の見直し
  • 個人型DC適用拡大に伴う拠出限度額規定の改正
  • 個人型DC加入対象外の範囲を定める規定の削除
  • 脱退一時金の金額要件の見直し
  • 脱退一時金の支給要件における通算拠出期間の見直し

<省令案>

  • 個人型DCの加入者の範囲の見直しに関する所要の措置
  • 定義規定の整理
  • 老齢給付金の額の算定方法の変更
  • 企業型DCの規約の閲覧規定の整備

意見募集は9月3日までで、公布日は平成28 年9月、施行日は平成29 年1月1日が予定されています。

掲載日:2016年9月6日

Facebook
Google+