サイト内検索

年金資産運用

企業年金資産運用に関連した解説、ガバナンス体制の構築のポイントを取り上げたコラムなど。

年金資産運用プロセスのCheckフェーズの「運用資産全体の状況確認」および「個別運用商品の状況確認」の各論について

前回のコラムでは、年金資産運用プロセスのCheckフェーズの「運用資産全体の状況確認」および「個別運用商品の状況確認」の総論について解説しましたが、今回は各論について解説致します。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2018年3月12日

写真:村上慶

年金資産運用プロセスのCheckフェーズの「運用資産全体の状況確認」および「個別運用商品の状況確認」の総論について

今回のコラムでは、年金資産運用プロセスのCheckフェーズの「運用資産全体の状況確認」および「個別運用商品の状況確認」の総論について。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2018年3月5日

写真:村上慶

DB(確定給付年金)の制度改正について

今回のコラムでは、2018年4月より施行される「DB(確定給付年金)の制度改正」について解説致します。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2018年2月26日

写真:村上慶

年金資産運用プロセスのDoフェーズの「運用受託機関の選任」および「運用ガイドラインの提示」について

今回のコラムでは、年金資産運用プロセスのDoフェーズの「運用受託機関の選任」および「運用ガイドラインの提示」について解説致します。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2018年2月22日

写真:村上慶

年金資産運用プロセスのPlanフェーズ:「資産毎の運用内容・運用機関構成の策定」について

今回のコラムでは、年金資産運用プロセスのPlanフェーズの「資産毎の運用内容・運用機関構成の策定」について解説致します。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2018年2月15日

写真:村上慶

年金資産運用プロセスのPlanフェーズ:「政策アセットミックス」の策定する際の留意点について

今回のコラムでは、年金資産運用プロセスのPlanフェーズの「政策アセットミックス」の策定する際の留意点について解説致します。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年12月11日

写真:村上慶

年金資産運用プロセスのPlanフェーズ:「政策アセットミックスの策定」について

今回のコラムでは、年金資産運用プロセスのPlanフェーズの「政策アセットミックスの策定」について解説します。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年12月4日

写真:村上慶

企業年金によるスチュワードシップ活動をどう考えるか~3.企業年金の受託者責任に置き換えて考える

2017年3月、企業年金連合会より「企業年金と日本版スチュワードシップ・コード」と題した報告書が公表されました。スチュワードシップとは、個人や団体の資産を預かって運用する機関投資家としての責任ある行動といった意味であり、年金資産を運用する確定給付型の企業年金にも関係するものです。
今回は、スチュワードシップをもともとの意味である「受託者責任」と捉え、スチュワードシップ・コードを企業年金の受託者責任に置き換えて考えてみることにします。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール

企業年金によるスチュワードシップ活動をどう考えるか~2.企業年金と日本版スチュワードシップ・コード

2017年3月、企業年金連合会より「企業年金と日本版スチュワードシップ・コード」と題した報告書が公表されました。スチュワードシップとは、個人や団体の資産を預かって運用する機関投資家としての責任ある行動といった意味であり、年金資産を運用する確定給付型の企業年金にも関係するものです。
今回は、日本版スチュワードシップ・コードが求める企業年金の具体的な対応について、解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール

企業年金によるスチュワードシップ活動をどう考えるか~1.日本版スチュワードシップ・コードとは

2017年3月、企業年金連合会より「企業年金と日本版スチュワードシップ・コード」と題した報告書が公表されました。スチュワードシップとは、個人や団体の資産を預かって運用する機関投資家としての責任ある行動といった意味であり、年金資産を運用する確定給付型の企業年金にも関係するものです。
今回は、日本版スチュワードシップ・コードの概要や、それが制定された背景を中心に解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール

年金資産運用プロセスのPlanフェーズ:「運用基本方針の策定」について

今回のコラムでは、年金資産運用プロセスのPlanフェーズの「運用基本方針の策定」について解説します。
※このコラムは、規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年10月30日

写真:村上慶

規約型確定給付企業年金の年金資産運用に関わる規制の立て付けについて

本コラムの第3回では、本コラムのテーマのうち、「2.規約型DBの年金資産運用に関わる規制」が設けられた背景について解説をしました。今回のコラムでは、「2.規約型DBの年金資産運用に関わる規制」の立て付けについてご説明いたします。
※このコラムは規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年10月23日

写真:村上慶

規約型確定給付企業年金の年金資産運用に規制が設けられている背景について

本コラムの第1回および第2回では、本コラムの4つのテーマのうち、「1.規約型DBの年金資産運用の現状」について解説をしました。今回のコラムから、「2.規約型DBの年金資産運用に関わる規制」について解説して参りますが、最初に、規約型DBの年金資産運用に規制が設けられている背景について、解説いたします。 ※このコラムは規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様向けです。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年10月16日

写真:村上慶

規約型確定給付企業年金の定性面での運用体制の違いの現状について

規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様に向けたコラムです。今回は、定性面(質的)での運用体制の違いの現状についてご紹介致します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年9月19日

写真:村上慶

規約型確定給付企業年金の年金資産運用の現状について

規約型確定給付企業年金(以下、規約型DB)の年金資産運用責任者および担当者様に向けたコラムです。
初回は、規約型DBの年金資産運用の現状についてご紹介します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年9月11日

写真:村上慶

退職給付債務を組入れた年金ALMについて

当コラムではDBOを組入れた年金ALMを実施することによるメリットや、実施する際の検討事項について考察していきます。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント
掲載日:2017年6月26日

厚労省の確定給付企業年金(DB)のガバナンスに関する見直しとは-3-

確定給付企業年金法令改正と同時に厚生労働省から公表された「業務報告書様式の変更」のうち、資産運用状況に関する部分について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年5月1日

写真:村上慶

厚労省の確定給付企業年金のガバナンスに関する見直しとは-2-

厚労省より2016年12月14日に公表された、2017年1月1日より施行される確定給付企業年金法令の改正のうち、DBガバナンスに係る部分について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年4月3日

写真:村上慶

厚労省の確定給付企業年金のガバナンスに関する見直しとは-1-

2012年に発覚したAIJ事件の年金喪失事件を契機に、厚生年金基金のガバナンスの見直しが行われましたが、今回は年金資産運用に関するルールの見直しを中心とした確定給付企業年金のガバナンスの見直しについて解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2017年3月6日

写真:村上慶

投資理論の限界~本物の株価を表しているのはどれか?

伝統的な投資理論が実際の市場の変動をどこまで忠実に表すことが出来るのか、シミュレーショングラフを用いて投資理論の限界と活用について考察します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2016年4月18日

2016年度の年金資産配分戦略への基本的考え方

波乱の幕開けとなった2016年の世界の金融資本市場は、グローバル経済が直面する問題と投資家の不安をを改めて痛感させるものでした。
本コラムでは、新年度の年金資産の策定方針を考えるにあたっての基本的な考え方について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ 土橋 健二
著者プロフィール
掲載日:2016年2月10日

写真:土橋 健二

バランス型年金運用とリスク管理 -3- リスク抑制型商品導入における留意点

3回に渡りバランス型年金運用とリスク管理について解説してきましたが、最終回となる今回は、リスク抑制型新商品の導入を検討する際の留意点について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ 土橋 健二
著者プロフィール
掲載日:2015年12月16日

写真:土橋 健二

バランス型年金運用とリスク管理 -2- リスク管理時におけるチェックポイント

前回のコラムでは、企業年金の運用リスク抑制志向の強まりについて説明しました。今回は、バランス型運用におけるリスクを管理する上で重要な点を解説します。解説を見る→

IICパートナーズ 土橋 健二
著者プロフィール
掲載日:2015年12月2日

写真:土橋 健二

バランス型年金運用とリスク管理 -1- グローバル経済が年金運用姿勢に及ぼす影響

バランス型年金運用とリスク管理について3回に分けて詳しく解説していきます。今回のコラムでは、企業年金の運用リスク抑制志向の強まりについて説明します。解説を見る→

IICパートナーズ 土橋 健二
著者プロフィール
掲載日:2015年11月24日

写真:土橋 健二

年金資産運用のパフォーマンスの分析手法について

年金資産運用プロセスの「Plan-Do-See」における「See」で不可欠な年金資産運用のパフォーマンスの分析手法について、バランス型運用(国内債券、国内株式、外国債券、外国株式の伝統的4資産への分散投資)の事例を通じて紹介します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2015年11月4日

写真:村上慶

年金資産運用の「Check」~運用成績の定性的な評価について

年金資産運用の「Check」サイクルについて、前回の運用実績に関する定量評価の解説に引き続いて、今回は定性評価について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2015年9月16日

年金資産運用の「Check」~運用実績の確認

前回までの「Do」に引き続いて、今回から年金資産運用の「Check」について解説していきます。運用結果を評価する前に確認しておきたいこと、定量評価の際に役立つポイントについて解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2015年8月4日

年金資産運用の「Do」~商品選定における基本事項

今回はDoのステップの2回目として運用商品の選択について解説していきます。運用商品を選定するにあたり、確認しておきたいポイントについて解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2015年6月3日

年金資産運用の「Do」~運用機関・商品の選定と構成

前回までの「Plan」に引き続いて、今回は年金資産運用の「Do」について解説していきます。Doのステップでは、Planのステップで定めた政策アセットミックス(資産構成割合)に合致するように、運用機関や運用商品を選定し、それらの組み合わせを定めていくことになります。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2015年4月21日

年金資産運用の「Plan」~政策アセットミックス(資産構成割合)の策定

今回は年金資産運用のPDCAの最初のステップである「Plan」についての2回目です。 1回目では、それぞれの会社に合った運用目標を設定するための目標設定マトリクスを紹介しました。今回はこの目標設定を、Planのステップでのゴールである政策アセットミックス(資産構成割合)の策定にどう反映させていくのかについて解説していきます。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2015年3月12日

年金資産運用の「Plan」~運用目標の設定

年金資産運用のPDCAの概要については先日ご紹介したとおりですが、今回よりその具体的な内容について、順に解説していきます。はじめに「運用目標の設定」について取り上げます。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2015年1月9日

年金資産運用の基本について考える~PDCAの概要

あらゆる仕事がそうであるように、年金資産運用もまたPDCAサイクルをしっかりと回すことが、目的達成のために重要です。

今回のコラムでは、年金資産運用の基本であるPDCAの概要について解説します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 向井 洋平
著者プロフィール
掲載日:2014年12月1日

オルタナティブ投資の運営管理~年金ファンド・ガバナンス -2-

登場人物のディスカッションを通して、企業年金の資産運用に関する課題や解決策について取り上げます。今回は、年金ファンド・ガバナンスのうち、「オルタナティブ投資の運営管理」について考えます。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2014年6月4日

写真:村上慶

企業年金ガバナンス体制の見直し~年金ファンド・ガバナンス -1-

登場人物のディスカッションを通して、企業年金の資産運用に関する課題や解決策について取り上げます。年金ファンド・ガバナンスをテーマとする本シリーズの初回は、確定給付企業年金の法令とOECDファンド・ガバナンス・ガイドラインの内容から、企業年金ガバナンス体制の見直しについて考えます。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2014年5月14日

写真:村上慶

年金負債を考慮した運用とは~企業年金資産運用ストーリー -3-

物語形式で、企業年金資産運用に関する課題の解決策のヒントをご紹介してきた本シリーズ。最終回となる今回は、年金負債を考慮した運用について取り上げます。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2014年4月9日

写真:村上慶

リスク・リターンの分析~企業年金資産運用ストーリー -2-

このコラムでは、物語形式で、企業年金資産運用に関する課題の解決策のヒントをご紹介していきたいと思います。今回は具体的なデータを取り上げ分析します。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2014年3月5日

写真:村上慶

政策アセットミックス見直しのヒントとは?~企業年金資産運用ストーリー -1-

このコラムでは、物語形式で、企業年金資産運用について皆さまがお抱えになっていると思われる課題の解決について、解決策のヒントをご紹介していきたいと思います。解説を見る→

IICパートナーズ コンサルタント 村上 慶
            著者プロフィール
掲載日:2014年2月5日

写真:村上慶